full screen background image

播種のルバーブが発芽しました

  ビニールハウス内で、先月の中旬に種蒔きしたルバーブが発芽しました。
約、二週間経過しての発芽になります。

020404+008_convert_20120406052657.jpg
発芽率は50%程度のものから100%のもまで様々。
ヨーロッパの種は種類によっては、一袋に数粒と少ないものもありました。今のところ、かろうじて2ポット発芽しています。
当農園の主力の赤いルバーブから採取した種は70%程度発芽しています。
(この苗が大きくなったら、何色(赤か青)に育つのかが、とても楽しみです。何故楽しみかというと、赤いルバーブの種と言って播いても、大きく成長すると赤といわれた種が青いルバーブ成長するということが、ままあるからです。)
長野県信濃町産の種は意外にも50%程度しか発芽していません。

020404+010_convert_20120406052732.jpg
種の形からは想像できないほどの可愛い双葉です。
もう少し大きくなったら、間引きして、来月畑に移植する予定です。
今朝(4/6)の富士見高原は雪がチラチラとしています。やはり海抜1000mの高原ですね。
それにしても、今年は寒い!

昨日は、町内のルバーブ生産農家から、りっぱな青いルバーブの株をわけて頂きました。
まだ、畑に植える準備が出来ていませんので、とりあえず仮植えしました。

幸いにも、富士見高原は放射能の影響はまったくありません。
成長しましたら、赤いルバーブ共々青いルバーブも、是非お試しになって下さい。

コメント

コメント:

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する