full screen background image

赤いルバーブ、只今生育中 2011.05.12

  赤いルバーブは地中で新しく根が出来たところから茎が出ます。そして茎の間からは次から次へと花が付きます。その根元から収穫出来る茎が芽を出す準備をしています。しばし生育中といったところです。昨年の日記を見たら5/20に最初の収穫をしておりましたので、今年は確実に10日以上は遅れています。我が家の二年目の株は(とても小さい株にしましたので)平均すると5~6個位花を付けてます。

110506+032_convert_20110512115023.jpg
二日連続で雨が降ったので畝の間はまだ濡れています。収穫出来るようになると株の間がわからなくなる位にまで大きく成長します。
110506+029_convert_20110512115141.jpg
今年、株分けをした二箇所の圃場のルバーブも順調に生育しており、こちらも所々で花を咲かせています。

110506+040_convert_20110512115239.jpg
手前は赤いルバーブ、奥が信濃町から嫁に来た青いルバーブです。杭を目印にした二つの株は最後まで花を咲かせて見ようと思っています。赤いルバーブの株の高さは約25センチ程ですが、青い株は40センチ位になっています。
110506+036_convert_20110512115322.jpg
これは赤いルバーブの花の咲き始め。淡いピンク色です。新しく根が出来た分だけ花が咲きます。
110506+035_convert_20110512115429.jpg
これは青いルバーブですが、花を見ると現在のところほぼ同じ色です。しかし、花の蕾の大きさは赤いルバーブに比べると4~5倍の大きさがあります。花と同様に茎や葉のサイズも大きいです。
青いルバーブの花は殆んどが白い花ですが、このルバーブは果たしてどんな色になるのだろうか。

コメント

コメント:

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する